社会化とは、社会性をもった犬に育てること。
いろいろなものに過剰反応しないように慣れさせることが大切です。飼い主さんが社会化期の大切さについて知らずに、お家の中で過ごすことが多くなってしまったり、苦手なものを避けるように生活をしてしまうと、社会性のないわんちゃんとなってしまい問題行動を起こす可能性が高くなってしまいます。

子犬の社会化期(社会化に一番適している時期)は実は3・4ヶ月齢までということをご存知でしょうか?もちろんこの時期を過ぎても社会化はできますが、月齢が上がるとともに警戒心が強くなり、それとともにいろいろなことが受け入れにくくなっていきます。






そんなお話をお伺いするたび、月齢が低い時期に通っていただいていたらどんなに違っただろう…と悔やまれてなりません。
「からだ」に病気を予防するためのワクチンが必要なように、「こころ」には問題行動を予防するための社会化というワクチンが必要です。

子犬の頃になにもしなくても困ったことにならない子もいます。でも、なにもしなかったために普通に暮らしていくことが大変になっているわんちゃん・飼い主さんも実はとても多いのです。問題が出てから直すのはとても時間がかかりますし、とても大変なことです。

そうならないためにも
「子犬を家族に迎えたら、なにはともあれ社会化です!」